引越し食器ケースがある引越し業者4社の特徴や口コミ評判は?

引っ越しの荷造りを行う場合、すべての荷物がそのままダンボールへ入れればOKというものばかりではありません。食器や陶器の置物などは、割れやすく少しの衝撃でも割れてしまうことがあるので注意して荷造りを行う必要があります。

また、一点一点大切に割れないように包んだりして荷造りを行わなければいけないので、意外と手間がかかってしまいます。

これを壊れにくい状態で、尚且つ壊れやすいダンボールではなく、ケースに入れて引っ越しを行うことができるのが引っ越し業者専用の食器ケースというものが存在します。実際に、食器ケースがある引越し業者を5選ご紹介します。

アート引越センターのエコ楽ボックスの特徴と口コミ

まず初めにご紹介したい引っ越し業者は、アート引越センターです。
アート引越センターのエコ楽ボックス/食器ケースはの特徴としては、食器をそのまま食器ケースに入れるだけという非常に簡単な作業になるので荷造りの手間がかかりません。

通常でしたらお皿の場合、一枚一枚丁寧に包み、割れないようにクッション材を使用したりする必要があります。

クッション材や紙などの資材を全く使用しないので環境にものすごく優しく、荷造りした際に出てしまうゴミやに荷解きした際に出てしまうゴミも減らすことができます。

ゴミを減らすと同時に、食器をエコ楽ボックス/食器ケースに入れるだけとものすごく簡単なので、時間も手間も省くことができ、何と言っても年配の方から小さなお子様まで幅広い方でも負担がなく、食器の梱包ができるというメリットがあります。

日通のえころじこんぽ(食器トランク)の特徴と口コミ

次にご紹介したい引っ越し業者は、日通です。日通のえころじこんぽ(食器トランク)は、その名前の通りエコロジーと効率化を実現することができたとても素晴らしい食器ケースです。

何と言ってもそのポイントは、ゴミが少なく環境に優しいというポイントと、作業効率をUPすることでコストを削減できるというポイントが挙げられます。日通のえころじこんぽで使用する資材は反復して何度も使用することができ、日通オリジナルで高機能となっています。

実際に食器を梱包する食器トランクは、弾力性のあるウレタンを使用しており、はさんで運ぶことができるので紙で一点一点包む必要がありません。

サカイ引越センターのらくらくパンダBOXの特徴と口コミ

次にご紹介したい引っ越し業者は、サカイ引越センターです。サカイ引越センターの特徴としては、引っ越し一筋で何と言っても細やかで多彩なサービスを提供しております。

今では当たり前のようになっている、引っ越し時に使用するダンボールの無料サービスを最初に行ったのがサカイ引越センターです。ゴミを出さず、手間を省き、便利に安全に、スピーディーで経済的に常に一歩進んだサービスを提供しています。

そんな中でも食器専用に開発されたらくらくパンダBOXは、ゴミも出ないので引っ越し当日に食器棚からそのままらくらくパンダBOXへ入れて梱包することができます。

ハトのマークの引越センターのエコプラン

最後にご紹介したい引っ越し業者は、ハトのマークの引越センターです。人にも地球にも優しい引っ越しを目指しており、未来に生きる子供たちのことまで考え、真心を届けながら引っ越しを行っています。

引っ越しのプロが考えたエコプランの特徴としては、人に優しく、無駄なゴミを出さず、マジックテープを不使用にし、ゴミ処分の手間を削減し、雨の日のお引っ越しも楽々行うことができます。

そんな中でも、エコプランの食器ケースは一点一点を専用のケースに入れて割れることなく安全にしっかりと持ち運ぶことができます。

エコプランの食器ケースは一点一点を保護するために、一点一点をクッションでしっかりと固定できるようになっているので安心です。

引っ越しの安さにコミットしたいなら食器ケースがある引越し業者で相見積もりしよう!

同じ引っ越しを行うのであれば、環境にも優しくゴミも出ない、荷造りや荷解きが楽な引っ越しの方が手間も時間も省くことができます。

引っ越しは何かと手間がかかるのもなので、手間を少なくするためにも割れやすい食器を専用の食器ケースに入れて引っ越しを行うことで手間も時間もグンと省くことができます。

また引っ越しはコストがかかってしまうので、引越しを安くしたいのならば食器ケースがある引越し業者で相見積もりを行うことで納得した状態で料金の交渉などもできるためコストを抑えることができます。

さらに、無料の引越し一括見積もりもあるので、一度実際に使用してみてその便利さを実感してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です