引っ越し難民にならないために実践したい3つの知恵

引っ越し難民という言葉をここ数年ニュースで見ることも多くなりました。

引っ越し難民トラブルに巻き込まれないようにするために、引っ越し難民が生まれるワケを明らかにし、その対策として3つの知恵をご紹介します。

引っ越し難民が生まれてしまうワケ

改めて確認します。引っ越し難民とは、引っ越しの依頼をしても引っ越し業界が多忙すぎて受け付けてもらえず引っ越しができなくなってしまった人のことを指します。

なぜ、引っ越し難民が発生するのか。一つ目の理由は、運送業界の人手不足です。

ここ数年アマゾンや楽天などのネット市場が発達し、運送業界の仕事量は激増。それに対して賃金はほぼ据え置き。

その結果、賃金が見合わないとして人材が運送業界に集まらなくなりました。引っ越しを担うトラックドライバーや引っ越しスタッフの数が不足し、需要に応えきれなくなってしまったのです。

人手不足はすぐ解決する問題ではないため、引っ越し難民問題が解消する見込みはしばらくないでしょう。引っ越し難民とならないためには、引っ越しする人自身が対策を講じないといけないのです。

知恵その1 時期をずらして引っ越す

引っ越し難民が発生する時期、それは年度変わりの春先に集中します。進学就職で引っ越し需要はこの時期に激増するからです。

実は、この引っ越しピークである3月から4月の時期を外せば、引っ越し難民を回避するのは比較的簡単です。

ウィークリーマンションを借りて引っ越し需要が落ち着くまで待ったり、逆に素早く冬の間に引っ越しの予約を取ってしまうことで引っ越し難民対策は完了します。

シンプルで簡単ですが、都合よく引っ越しの時期をずらせる人ばかりではないですから、誰でもできる方法とは言えないのが難点ですね。

知恵その2 一括引っ越し見積もりサイトを活用する

引っ越し時期がずらせないなら、他の引っ越し希望者に先じて引っ越しの予約を入れてしまうしかありません。ピーク時の引っ越しは椅子取りゲーム、反応が遅い人が難民になってしまうのです。

引っ越しの予約に時間がかかるのは、業者選びと見積もりに時間がかかるからです。業者選びと見積もりに関わる時間さえ短縮できれば、引っ越しの予約をスムーズに取ることが可能になるわけです。

ネットでできる一括引っ越し見積もりサイトは、まさに引っ越しの予約にかかる時間を短くする便利なツール。簡単な情報をネットを通じて入力するだけで、引っ越し各社の見積もり概要を提示してくれます。

各社の価格とサービスが一目瞭然、簡単に比較できるから業者選びと見積もりに時間がかかりません。

一括引っ越し見積もりサイトを活用し、他の利用者をスピードで圧倒して予約をゲットしましょう。

知恵その3 荷物をとにかく小分け作戦を実行せよ

トラック一台を借り上げる引っ越しの予約が無理ならば、荷物を徹底的に小分けすることで通常の宅配便で引っ越し先に荷物を送ってしまいましょう。

服や本はダンボールに小分けして詰め込めますし、家具の中にも解体して引っ越し先で組み立て直せるものもあります。

どうしても小分けできないのは大型家電くらいです。少人数の引っ越しならレンタカーでトラックを借りて家電のみを運搬する方法で引っ越しできます。

あるいは、家電のみならば街の運送屋さんのような引っ越しを通常扱わない小規模業者さんでも対応可能になる場合もあります。

小分けできるものは通常の宅配便に任せる、予約を取れなくても引っ越し難民にならない裏ワザテクニックです。

引っ越し難民にならないために早めの対応を

引っ越し難民にならないための知恵を3つ紹介してきました。この3つに共通すること、それは全て早めに対応することです。

春に引っ越しをしなければいけないならば、少しの遅れが引っ越し難民化につながりかねません。先手先手、早め早めの対応をすることが引っ越し難民を避ける秘訣ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です