夜間引越しに対応しているおすすめの安い引越し業者4選

引っ越し作業というものは、とても手間がかかり時間と労力が必要になります。何か月も前から引越しが決まっている場合は事前に引越業者に申し込み準備しておくことはできますが、突然引越しが決まったり急な事情で家財を移動させなければならない時もあるかもしれません。

そんなときに便利なのが夜中の引越しサービスです。夜中の引越しサービスを実施している引越業者について、特色や対応エリアなどを以下にまとめました。

チトセ引越センター(プレミアムストレージサービス)

チトセ引越センターの特徴は、大型室内型保管倉庫を保有しており、高級家具やソファやベッドなどの保管環境が気になる家財も安心して預けることができます。

倉庫はセキュリティシステム完備で、万が一運搬中に事故があった場合は最高2,000万円、保管中の事故の場合はは3,000万円まで補償してもらえる損害賠償保険がすべての契約に付帯しています。

また、家財保管中にクリーニングサービスも実施してもらえるので、保管前よりきれいな状態で新居へ持ち込むことができます。夜の引越便では、荷物が少ない場合は即日対応も可能です。対応エリアは首都圏であれば可能ですが、それ以外のエリアについては直接確認する必要があります。

夜逃げ屋アシスト

夜逃げ屋アシストは、会社倒産やDV被害・ストーカー問題等で大々的に引越し作業を行えない人のための引っ越しサービスを提供しています。即日の手配はもちろん、引っ越し先住居の手配までしてもらえます。

また、弁護士紹介や役所の手続き等引っ越し作業だけではなく、それにまつわる生活のあらゆる面でサポートしてもらえます。引越し料金は業界初の後払いにも対応しており、就業後に分割払いで支払うこともできます。

但し、後払いの場合は基本料金が割増になります。対応エリアは日本全国ですが、事前にカウンセラーとの面談が行えない場合は書面で契約書を作成して行う場合があります。

赤帽引越し専門いいとも

赤帽引越し専門いいともは、国土交通省認可の協同組合連合会「赤帽」のグループ業者ですので、安心して依頼することができます。赤帽の特色としては料金が非常に安いことです。

2018年のオリコン顧客満足度調査において、引越業者「コストパフォーマンス部門」で6年連続1位を獲得しています。引越し作業の他、不用品の回収処分や庭の枝切り・草むしり、蜂の巣駆除も対応してもらえます。

いいともは早朝・深夜の24時間対応しており、急な引越しでも受付可能です。対応エリアは東京近郊のようですので、他のエリアの方は赤帽系列の別の業者に依頼することをお勧めします。

引越しのKY

引越しのKYは夜専門の引越業者です。夜以外にも昼逃げや深夜の直行便引越しにも対応してもらえます。単身引越しでも必ず2名のスタッフが作業するので、スピーディーに引越しを完了させることができます。

夜逃げ・昼逃げについてはもちろん秘密厳守で行ってもらえますので安心です。その他、荷物の一時預かりや引っ越し後の不用品回収も行っています。対応地域は東京都内全域の他、横浜・千葉・名古屋・京都・大阪等も対応可能になりました。

その他の地域については直接問い合わせてみてください。電話受付も9時から26時まで年中無休なので、日中の連絡が難しい場合も助かります。

引越しを安くしたいなら深夜対応の引越し業者で相見積もり!

引越し業者を選ぶときによく耳にするのが「相見積もり」です。引越しの際、どの業者にするかを選ぶときに大多数の人が重視するのは料金です。

同じ荷物量や距離でも業者によっては料金にかなり差が出てくることがありますので、必ず複数業者に見積もりを依頼し、比較するようにしてください。例えばA社はこの金額だったんだけど…と言うとB社はそれよりも安い料金を提示してくる可能性もあります。

もちろん料金面だけではなくサービス内容やその引越業者が信頼できるかどうかもよく調べて決めてください。また、インターネットで検索すると複数業者に一括見積してくれる無料サービスもあります。

1度情報を入力するだけで複数の業者の見積もりを取ることができますので、非常に便利です。是非活用してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です