福岡~鹿児島の引っ越しが安い!?費用相場や口コミ、格安裏技

福岡~鹿児島の引っ越し

福岡から鹿児島の引越しとなると予算が安くても5万円以上掛かる事も珍しくありません。更に、長距離に加えて荷物も多いとなると出費も多くなって考えるだけでも憂鬱です。

そうなると「ある程度の作業は自分で負担するから代わりに料金は出来る限り安くして」「ポイントとか他の物で割引対応してくれるサービスが欲しい」の要望を出す人も出てくるでしょう。

実はこれらの要望を聞き取ってサービスとして昇華している引越し業者も少なからず存在しています。今回ご紹介の引越し業者3社はその業者に該当し、要望にも答えてくれる見込みがあります。

福岡~鹿児島の引越しで利用者8割以上!?人気の引越し一括見積もり2選

1、達人セレクト【最速30秒で見積もり完了】 引越し達人セレクトは数ある一括見積もりサービスの中でも最も速く30秒で無料見積もりをすることができます。

荷物情報の入力も任意なのでまだ荷物情報の詳細が分からないという人も取り合えず無料見積もりだけでもしておくとその後料金交渉がスムーズに進みます(‘ω’)ノ

管理人の過去の実例をだすと引越し達人セレクトで見積もり比較したところ、63,800円から31,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料見積もり
  • 荷物情報の入力が任意
  • 管理人の実例:63,800円→31,000円(半額以下の値下げに成功)

2、スーモ引越し【業界唯一の電話入力不要】 CMでもお馴染みの大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」の優れた特徴は電話番号を入力しなくても無料見積もりができるところです。

申し込み後の電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人にはおすすめです。

ちなみにスーモ引越しで見積もり比較したところ85,000円から42,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界唯一!電話番号入力が任意で無料見積もり
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

 

代表的な福岡~鹿児島の引っ越しの口コミ評判をピックアップ

39歳女性(家族引っ越し)

荷積みはスムーズだったが荷下ろしに時間がかかりました

料金:550,000円→450,000円 場所:鹿児島県鹿児島市から福岡県久留米市への引越し 時期:2019年4月16日 業者:サカイ引越しセンター

3月下旬に引っ越しの希望でしたが繁忙期かつ予算オーバーで4月中旬にしました。訪問見積もりの方はとても親切に対応をしてくださいました。ダンボール、ガムテープ等梱包に必要な物は事前に届けていただき、ダンボールに詰められる物は自分達で梱包しました。

3名の作業員の方が来て1番大きなトラックで運ぶことになると思います。と言われていましたが、当日は1サイズ小さいトラック2台、6名の方が作業をしてくださり2~3時間であっという間に荷積みが終了しました。

その後別のトラックに荷物を入れ替え現地まで配送したそうです。翌日、午前10時に作業開始予定でしたが30分ほど遅れるとの連絡がありました。到着したトラックは荷積みした時よりさらに小さいトラックで作業員は2名でした。

荷物が保管してある所へ5~6往復され家具の組み立てもあったり、大きな家具の搬入が2人では運べない、とのことで19時頃3~4名、作業員の方が追加で応援に来てくださり21時過ぎに作業が終了しました。

管轄が別の長距離の引っ越し、繁忙期等、理由はあるかと思いますが、思ってた以上に時間がかかりました。開梱後のダンボールの回収はスムーズにしていただきました。作業員の態度は問題ありませんでしたがもう少し荷下ろしを効率的にしていただきたかったと思っています。

30歳女性(単身引っ越し)

らくらくパックはとても簡単、作業も早くて楽ちんです。

料金:98,000円 場所:福岡県北九州市小倉南区から鹿児島県鹿屋市への引越し 時期:2019年3月1日 業者:アート引越センター

仕事で転勤になったので引っ越しをしました。引っ越し当日はらくらくパックを選んだので、細かいもの以外は業者の方が梱包してくれるプランでした。

一人暮らしであまりものはなかったのですが、家具が多くて、それでも2名のスタッフがテキパキと梱包をしていってくれました。意外と家具はそのまま運ぶんだなぁと変なところに感心したものです。

例えばこたつなんかは足を取るのかと思ったら足をつけたそのままで梱包、積み込みをしていました。そのほうが、開封時に自分で1から組み立てをしなくていいので、たしかに楽かな、と思いました。

予定時間は「午前中」となっていたので、まるまる午前中いっぱいかかるのかと思ったら、2-3時間ほどですべての荷物を積み終え、作業終了となりました。

全国で引っ越しのピーク時での依頼だったので、スタッフの方も慣れていたのかもしれません。特に困ったこともなく、心配することもなく無事引っ越しを終えることができました。

福岡から鹿児島への引越した100人の口コミから分かった人気引越し業者3選

1、ニコニコ引越センター


ニコニコ引越センターは単身者からファミリー向けまで数多くのプランが用意されており、単身者かつ長距離での引越し向けには県外・長距離パックが用意されています。このパックは基本的に混在便・チャーター便を使う事になりますが、その代わり料金を安くする事が出来ます。

その中でも混在便は「スタッフ及びガソリン代を節約出来る」の理由でニコニコ引越センターでもオススメされており、九州全域での引越しだと最安25,000円から引越しが可能となります。

他にも単身者向けにニコニコ単身パックが用意されており、2つのプランの中から選ぶ事になります。1つはダンボール10個分まで積めるカゴ車での輸送となるカゴ車詰込パックです。

基本的にカゴ車に積める量となるので本当に必要最低限もしくは上手く収納して詰め込まないといけませんが、料金に関してはお安いです。少なくとも福岡から鹿児島までだと最安20,000円で利用する事が出来るので、予算が少ない人でも利用しやすいです。

もう1つは軽トラック1台、ダンボールだと約15~20個分まで搭載可能な軽トラック詰込パックです。こちらは使用するのは軽トラック一台だけで、料金もカゴ車詰込パックに比べると少し高くなります。

とは言え、福岡から鹿児島までの利用でも最安37,000円で済むので5万円以下での引越しも実現は可能です。

福岡にあるニコニコ引越センターのリアルな口コミ評判にコミット!

2020年4月11日

2、アサカワ引越センター


アサカワ引越センターでは標準コース(家具や家電等の大きな荷物だけ運搬)、らくらくコース(小物の荷解きだけはお客様が担当)、おまかせコース(荷解きから配置まで全て担当)の3つから選ぶ事になりますが、各コース共に長距離プランも用意されています。

長距離プランでは九州だけに絞った場合、沖縄を除いた九州全域に対応しており、福岡から鹿児島まで対応しています。

これらのコースは基本的にチャーター便(お客様専用トラックとして貸し切り)として料金は計算されますが、長距離便に関しては混在便(1台のトラックで複数のお客様の荷物を預かった上で引越し)として計算されます。

使用するトラックや荷物量によって変動はありますが、最安の物になると標準コースの利用で軽トラックを使用して福岡から鹿児島までは最安28,000円で引越しが可能です。勿論、軽トラック以外の1~2tトラックを利用しての引越しも可能ですが、料金はその分高くなります。

鹿児島以外にも福岡県外への引越しとなる長距離便は混在便が基本となってしまいますが、その代わり料金自体はチャーター便より安く済ます事も出来るので、他のお客様の荷物と一緒にされる事に抵抗が無ければオススメです。

アサカワ引越センターのリアルな口コミ評判(福岡・鹿児島の業者)

2020年4月8日

3、博多引越本舗


博多引越本舗でも長距離便は用意されていますが、基本的には福岡から東京をメインとしています。しかし、東京以外にも対応している為福岡から鹿児島と言った九州内の長距離での引越しにも対応しています。

基本的には長距離便でも単身・カップル・シニア・スーパーラクラク(荷造りから荷解きまで全て担当)のプランから選ぶ事になりますが、とにかく安くしたい人向けに「とことん節約プラン」も用意されています。

とことん節約プランは引越しの日程や作業時間帯等を全て業者側で指定する代わりに料金を安くしてもらう事が出来ます。引越し開始予定の日程自体はどんなに遅くても前日(長距離だと3日前)には伝えてくれる為、当日になって急に引越ししますと言った事はしないので時間的にも余裕を持って行動出来ます。

また、長距離のお引越しで値段重視の人向けに「帰り便」と「混在定期便」も用意されており、その中でも特徴的なのが帰り便です。帰り便は別件で引越し依頼があって依頼が終わって中身が空っぽのトラックが会社へ帰宅するついでにお客様の荷物を回収して新居まで荷物を運んで帰るプランです。

基本的には帰りのついでなので数が少なく満車になりやすいですが、タイミングさえ合えば新たにトラックやスタッフを手配せずに済む事もあり、基本料金から最大70%までオフにした状態での引越しも可能になります。

博多引越本舗のリアルな口コミ評判や料金を激白!(画像付)

2020年3月19日

福岡~鹿児島間の引越しをした人の料金相場

引越し時期 単身引越し 家族引越し(4人)
通常期(5月,6月,7月,8月,9月,10月,11月,12月,1月) 40,000円 60,000円
繁忙期(2月,3月,4月) 120,000円 154,000円

※上表はあくまでも参考値なので適切な引越し金額を保障するものではございません。

福岡県と鹿児島は同じ九州地方なのですが、距離が300キロ近く離れているため引っ越し料金もそれなりにかかってしまいますが、他の地方に引っ越すより当たり前ですが少し安く引っ越すことができます。

気になる引っ越しの相場ですが単身の場合、1月、5月、6月、7月、8月、9月、10月、11月、12月などの通常期だと40,000円、二人のみの引っ越し場合80,000円、家族で引っ越す場合120,000円かかります。

ちなみに、繁忙期と言われている2月、3月、4月は引っ越しする人が多くどの引っ越し会社も繁忙期を迎えるため、およそ最低で20,000円以上高い相場となっています。具体的には単身者は60,000円、二人のみの引っ越しだと104,000円、家族での引っ越しだと154,000円が相場になっています。

実体験から分かる福岡~鹿児島の引越しにかかった日数・時間・距離は?

福岡市から鹿児島県は300㎞離れていますが、同じ地方なので1日で引っ越しは終わります。時間は住んでいる場所や引っ越す場所によるため一概に言えませんがだいたい4時間~5時間半かかりますので引っ越しの日は半日かかるということを忘れないで予定立てるようにしましょう。

配送法手段は会社に寄りますがほとんどがトラックでも配送になっています。航空便もありますがその場合また料金が変わってくる可能性があります。また、高速道路などを使うこともあり場合によっては割増料金がかかることがあるのでその辺も引っ越し会社に確認するといいですね。

福岡~鹿児島の引っ越しを安くする5つの方法とは?

引越し一括見積もりを利用する

誰でも利用出来てスケジュール等にも左右されにくい点でもオススメなのが引越し一括見積もりを使う事です。もっと踏み込んで言うと一括見積もりで出した見積もりを使っての相見積もりで価格交渉を行うのがオススメです。

業者によっては相見積もりを推奨している所もあり、他社の方が1円でも安かったら見積もりや情報等を提供する事で更に安くしてくれるサービスを展開している場合もあります。相見積もりを行えば本命の引越し業者での引越し予算を安くする事も出来る可能性も高くなります。

また、一括見積もりのメリットとして業者探しにかける時間を短縮してくれる点もあります。自分が住んでいる住所等の情報を元に登録している業者を絞り出してくれるので1社ずつ地道に調べる必要がありません。

場合によっては本命よりも安く引越しが出来る業者とも出会う事が出来るので、安い引越し業者探しをするのが前提の使い方でもオススメです。依頼も一回の情報入力で1社ずつ行うのではなく、一斉に依頼してくれるので入力作業の時間を短縮出来ます。

業者のスケジュール優先のプランを使う

通常だとお客様のスケジュール優先プランでの利用ですが、業者によっては業者のスケジュールが優先なプランもあります。こちらのプランだと平日に集中(トラックやスタッフが空きやすい)、夕方以降(朝~昼だと集中しやすい為)、繁忙期(主に3~4月等新生活や転勤等が集中しやすい時期)は利用不可等の成約は多くなります。

お客様のスケジュールもある程度聞いてくれますが、基本的には業者優先です。その代わり、料金自体は土日祝の休日や繁忙期に比べると料金は安く設定されています。業者にもよりますが、通常料金から約10~20%オフで承ってくれます。中には平日限定プランと称して業者優先のプランを売り出している業者もあります。

上記のような成約は承知の上で料金を安くしたい人、平日休みの仕事に就いている等空き時間は平日が多いのであれば平日に依頼する事で料金を安くする事も出来ます。

混載便を利用する

引越しで使うトラックは基本的にお客様につき一台と貸し切りに近い状態になります。しかし、貸し切りじゃなくても他のお客様と荷物が混じらなければ一緒に運んできて貰っても良い、そうお考えなら混在便を使うのがオススメです。

混載便は文字通り他の荷物と混在している状態での引越しとなります。他のお客様の荷物とゴチャ混ぜにはならないように仕切りは用意していますが、貸し切りではなくなります。

また、荷物を一纏めにして運ぶ為他のお客様のスケジュールのすり合わせもしないといけないので自分が希望する日程で引越し出来るとも限りません。

その代わり、業者的には個別にトラックを手配しなくて済むので、その分コストが浮きます。浮いたコストを混在便を使った事による割引へと還元してくれるので、通常よりも安く引越しする事が可能です。

スケジュールに余裕があって荷物を他のお客様と混在される事に抵抗が無ければ混在便を使う事で料金を安くしてもらう事も出来ます。

混載便で引越し料金が半額⁉混載便の激安引越し業者BEST5

2019年6月13日

帰り便を利用する

先述の混在便とサービスがやや被る所もありますが、帰り便を利用する事で料金を安くする事も出来ます。帰り便は他のお客様の荷物もしくは配達等で出払っていたトラックが仕事を終え、業者の営業所に帰る途中に寄ってもらって荷物を積み込んで引越し先まで運んでもらいます。

手配するトラックは帰りの途中に寄ってもらうので、個別にトラックを手配せずそのまま対応してもらえば良いので、業者的にもコストを浮かせます。帰り便も混在便と同様に浮いたコストを割引として還元出来るので、通常よりも安く引越しが可能になります。

注意点として帰り便はあくまで帰りの道中を利用して引越しを行うのでスケジュール的に中々噛み合わないとなる事もあります。お客様の意見も聞いてくれますが、帰り便が利用出来るかはトラックのスケジュール次第なので希望する時間や日程では引越し出来ないとなる事もあります。

帰り便もスケジュールに余裕があり何時になっても構わない、料金が安くなっていて引越しさえ出来れば問題ない、そう考える人にはオススメです。

ポイント割引を使う

一部の業者ではTポイントや楽天スーパーポイント等ポイントサービスにも対応しており、これらのポイントを引越し料金のお支払いの際に提示して貯まっているポイント分だけ割引してもらいます。

ポイントが使えるプランも基本的に固定されていないので、依頼する業者の中で一番安いプランを利用してその際にポイントを使って更に割引した状態でお支払いと言った事も可能になります。

また、業者によってはQRコード決済にも対応している所もあります。QRコード決済の中にはポイントを使ってお支払いする事が出来る物(PayPay、楽天ペイ等)もあるので、ポイント決済には対応していなくてもQRコード決済に対応していればQRコード決済を利用してのポイント割引も可能です。

但し、割引を前提に使おうと思っているのであれば予め多く貯めておく必要があります。先に使ってしまっていたりすると割引出来ても数円程度になる事もあり、それならポイントを使わずに料金に合わせて進呈されるポイントを貯めた方がお得になる事もあります。

割引に対応しているとは言っても、何処まで割引出来るかは普段のポイントの使い方次第に左右されています。

福岡~鹿児島間をレンタカーの乗り捨てで自力に引越した場合の値段目安は?

単身者もしくは夫婦だけで引っ越し会社を利用しないでレンタカーを利用して福岡県と鹿児島県で引っ越しをする場合レンタカー代はハイエースで6時間で9,800円、12時間だと13,000円、1日だと15,000円となっています。

先ほどもご紹介しましたが福岡県と鹿児島県だと5時間くらいかかるので車両台で13,000円、ガソリン代は100kmだと2,200円なので300km近くだとおよそ6,000円くらい、高速を使った場合6,330円かかります。

そうなるとトータル25,000円で引っ越しすることが可能ですがすべて自分で手配する必要があります。時間もあるし節約したいのであればおすすめですがかなりの距離運転するということを忘れないでください。

単身パックで福岡~鹿児島の引越をした場合の費用はいくら?

日通単身パックXの単身パックを使った場合ですが、福岡県は日通単身パックXは対象なのですが、鹿児島県は対象エリア外の可能性がありますので利用する前に問い合わせをしてみることをお勧めします。

ちなみに単身パックを利用した場合、福岡県から鹿児島に引っ越した場合の相場は58,000円と言われています。荷物量や会社によって違いますので引っ越しが決まった際に会社に見積もりを頼むことをおすすめします。

また会社によって同じ地方だと単身パックが利用できないことがあります。その際は単身引っ越しになります。単身引っ越しも荷物量や会社によって値段が違いますが大体40,000円前後が相場と言われています。

福岡~鹿児島で自動車を陸送(配送)する場合の値段はいくら?

福岡県から鹿児島県まで引っ越しの時に車を陸送する場合は最安値で20,000円前後、最高値で45,000円前後となっています。こちらの引っ越し業者同様会社によって違うので1社じゃなく複数の会社の見積もりを頼むことをおすすめします。

ちなみに陸送をしてくれるおすすめの会社は鹿児島陸送株式会社と株式会社シンキです。どちらも良心的な会社で見積もりをしてくれるそうですので一度お問い合わせしてみるといいですよ。

また、陸送の会社によっては引っ越し業者とまとめて依頼すると陸送が安くなる会社もありますので、引っ越しが決まりましたら引っ越し業者に問い合わせしてみるのもいいですね。