混載便で引越し料金が半額⁉混載便の激安引越し業者BEST5

必要な出費とは言え、どうしても高くついてしまう引越し費用を少しでも安くしようと利用者も工夫を凝らしています。一方で引越し業者も少しでも多くのお客様に利用してもらおうと様々な割引サービスを用意しています。

その中には混載便のプランを設けている引越し業者も出てきます。混載便とは簡単に言えば同じ方面の引越しする人の荷物と一緒に運ぶ代わりにトラックや人員を多く用意する必要が無いのでコストが抑えられて格安で引越しが出来るサービスです。

そんな混載便は現在は一部の引越し業者しか採用していませんが、現在は徐々に採用する引越し業者も増えてきています。今回は混載便を用意している引越し業者の中から5社紹介していきます。

↓8割以上が利用している人気の引越し一括見積もり2選↓

1、達人セレクト【最速30秒で見積もり完了】 引越し達人セレクトは数ある一括見積もりサービスの中でも最も速く30秒で無料見積もりをすることができます。

荷物情報の入力も任意なのでまだ荷物情報の詳細が分からないという人も取り合えず無料見積もりだけでもしておくとその後料金交渉がスムーズに進みます(‘ω’)ノ

管理人の過去の実例をだすと引越し達人セレクトで見積もり比較したところ、63,800円から31,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料見積もり
  • 荷物情報の入力が任意
  • 管理人の実例:63,800円→31,000円(半額以下の値下げに成功)

2、スーモ引越し【業界唯一の電話入力不要】 CMでもお馴染みの大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」の優れた特徴は電話番号を入力しなくても無料見積もりができるところです。

申し込み後の電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人にはおすすめです。

ちなみにスーモ引越しで見積もり比較したところ85,000円から42,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界唯一!電話番号入力が任意で無料見積もり
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

1,グッド引越センター

グッド引越センターは北海道を拠点に営業している引越し業者です。こちらでは女性利用者でも満足かつ安全に利用してもらえるサービスを用意されています。

例えば、平日は土日祝の引越しに比べて半額になるプランや万が一納得のいく引越しが出来なかった場合は全額返金を設けているので金銭的な出費や痛手が少なくなります。

また、家具や家電の配線接続や設置等もスタッフが全て代行してくれるサービスも用意されています。お金を払って荷物さえ作ってしまえば最初から最後まで引越し作業を全て行ってくます。

グッド引越センターでは女性のみならず男性でも安く引越し出来るプランとして混載便も用意されています。飛行機やトラック等札幌から本州もしくは九州行きの便が毎週3往復のペースで出ています。

その中には帰りは空っぽの状態の物もあり、それを利用して他の荷物と一緒に運ぶ事で引越し用のスタッフや車両手配を新たにしなくて済みます。料金自体も通常プランよりも半額程度で利用できるので、引越し費用も抑えられます。

他社なら5~10日掛かっていた遠方の引越しも、グッド引越しセンターなら2~3日、関西圏になると1~2日で引越しが完了するので日数も多くは要しません。”

2,BIG引越センター

関東を中心に営業しているBIG引越しセンターは3つのプランが用意されています。

  • エコノミープラン(荷物の運び出し以外は自分でやる代わりに2万円以内で利用可能)
  • スタンダートプラン(小さい荷物は自分、他の荷物の運び出しから荷造りはスタッフが代行し、3万円以内で利用可能)
  • デラックスプラン(5万円以内と少し高めだが、荷造りから運び出しや開封も込で最初から最後までやってくれる)

予算や内容で好きなプランを決められるので、融通が利きやすいです。上記のプランとは別に安く引越し出来るプランも幾つか用意されています。その内の1つには混載便のプランも用意されています。

混載便ではエコノミープラン(料金は安いが運転手兼作業員1名しかいないので、作業はほぼ自分任せ)とスタンダートプラン(運転手込みで作業員2名が付いて作業の手伝いは不要)が用意されています。

距離にもよりますが、こちらを利用すれば300km以内の引越しだと32,400円から始められます。料金だけ見るなら通常プランよりも高そうですが、こちらは既に高速道路やフェリー等の料金が既に入った状態での金額なので、追加料金の請求はありません。

お届け日数も2~3日程度なので、少なくとも1週間以内には確実に引越しを終える事が出来るので安心です。

3,ティーエスシー引越センター

岐阜県を中心に営業しているティーエスシー引越センターでは格安に引越し出来るプランの1つとして、毎週3便は出している岐阜県・愛知県~関東・関西便を利用した混載便も用意されています。

片道は荷物は空の状態で帰って来るので、空の状態を利用して同じ方面のお客様の荷物を纏めて送っています。

これにより新たにトラックやスタッフの確保で動かずに済み、料金も通常の半額程度で引越しが可能になります。

従来なら5~10日間掛かる所も混載便なら2~3日で荷物を送り届ける事が出来るので、長く待たされる事もありません。関西圏に至っては1~2日間で済む程の早さです。

また、混載便なら高速料金・保険料・ダンボール等の資材料等も含めた確定料金でのお支払いになります。

後から追加料金を請求されたり、当初予定した金額よりもオーバーになる事も防げるので引越し予算があまり多くない人でも格安で引越しが可能になります。

安く引越したいなら混載便がオススメですが、混載便以外にも日程限定トクトクプランも用意されています。

こちらは引越しが集中せず、トラック等の車両にも余裕がある平日での引越しなら通常時よりも安く引越しが出来るプランです。

土日祝だと引越しが集中し、お金はあってもスタッフや車両確保が出来なくて断られる事も多いです。平日休みが取りやすい人はこちらを使った方が料金的にも安くなります。

4,なにわ引越センター

なにわ引越しセンターでは関西を中心に営業し、遠距離の引越しにも対応しています。しかし、長距離になればなる程引越し料金も高くなり、片道だけで十数万円は発生する事もある程です。

なにわ引越しセンターでは長距離の引越しだが引越し予算はあまり無くて困っている人向けに「格安長距離便」と称して混載便も用意されています。

混載便を利用するには同じ方面の引越し者とスケジュール調整をしなければいけないので、ある程度の妥協が必要になります。

自分が希望する日程にはなりにくいですが、代わりに料金は通常の長距離便よりも安くなるメリットがあります。

トラック一台のチャーター料金も双方で分割する形でお支払いとなるので、1回のお支払いが軽くなり金銭的負担も少なくなります。高速料金や保険料金等も全て含めた値段でのお支払いとなるので、後から追加料金の請求もありません。

お届け日数は距離にはよりますが最短で1~2日、最長で2週間前後になるので、距離によっては長く日を要します。

ご希望の曜日には添えられない可能性はありますが、お届け日数の2~3日前には必ず連絡が入るようにしているので、事前連絡無しでお届けとはならないので安心です。

荷物に関してもちゃんと区別した状態で運送されるので、他のお客様の荷物とごちゃまぜになる心配もいらないです。

5,アサカワ引越センター

福岡県内を中心に営業しているアサカワ引越センターでは3つのプランが用意されています。

  • 標準コース(大型の荷物のみ梱包し、小型の荷物は自分でやる必要はあるが料金は安い)
  • らくらくコース(小型から大型荷物の梱包は全て対応、小型荷物の荷解きのみ自分でやる必要がある)
  • おまかせコース(梱包から荷解きまで全ての事はスタッフが行う)

予算や引越し作業の手間等を考慮した上で決められのは魅力的です。一方で、上記のプラントは別のプランも用意されています。

お客様から見て「これがあったらな…」の要望に答える形で特別プランが幾つか用意され、その内の1つが「長距離混載便」です。

長距離混載便では遠方の引越しの際に、同じ方面のお客様の荷物と一緒に運搬する事になります。

その為引越し日程等のスケジュール調整が通常時よりも難しくはなりますが、代わりに料金は通常時よりも安くなります。

トラック1台分で基本的に済むので、ガソリン代や高速料金等の費用も追加料金として請求されず、逆に1台で済むので割引が適用されます。荷物が一緒にされる事に抵抗がなくて安く抑えたい人にはオススメです。

もっと安くしたいなら混載便がある引越し業者で相見積もり!

今回ご紹介した5つの引越し業者は混載便があるおかげで通常のプランを使わずとも安く引越しが可能になります。

荷物が他のお客様と一緒にされる、希望日程通りにお届け出来ない等のデメリットは少なからずありますが、それでも料金の安さを考えれば許容出来る範囲内の物です。

そんな、ただでさえ安い混載便を更に安くする方法も実は存在します。その方法が「相見積もり」です。

相見積もりは簡単に言えば見積もりの比較ですが、相見積もりも引越し料金を安くする方法として有効です。

例えば混載便がある引越し業者A社で引越し見積もりを出した状態で、B社に見積もりを依頼します。

その際に「他社で見せたらこれぐらいの料金になったのですが、御社でも料金はこれぐらいなのでしょうか?」と言った具合で見積もりも一緒に提示させます。

するとB社はA社が幾らぐらいになるのかも把握出来た上に、少しでも自分達の所で引越しをしてもらおうと料金を安くしてきます。

その行動を繰り返す事で混載便を持っている引越し業者で価格比較が出来る上に、安くする事も出来るようになります。

勿論、安くする為には見積もりだけじゃなく安くしてもらう為の会話術も必要になります。

見積もりをそのまま見せるだけじゃなく、見せた上で「どうにかして安くしてもらえませんか?」な雰囲気も出しておく必要があります。

「相見積もりの事は分かったけど引越し業者が中々見つけられない」という人には無料の引越し一括見積もりサイトを使うのがオススメです。

入力した情報を元にして一括見積もりサイトが引越し業者へ見積もり依頼を出すので、後は見積もりが来るのを待ちます。

相見積もりは見積もりの数が多ければ多くなる程価格交渉においては交渉の材料として使えます。

無料で利用出来る上に、個別に各引越し業者に見積もり依頼をするよりは時間的にも大幅に短縮出来た状態で揃えられます。