【必読】新築引越しでやっておきたい手続き9つ。

新築引越しを考慮したときに行っておきたいことがいくつかあります。それは新築をに入る前、また入ったタイミングでしかできないこと。

別にしなければ新築に住むことができない!というほどではありませんが、これから新築引越しでずっと生活していくならば、ぜひおさえておきたいポイントです。

なお引越しのやること全行程のチェックリストは「2019年引越しやることチェックリスト(1ヶ月前~引越し後14日まで)」で紹介しています。気になる人は参考にしてみてください。

2019年引越しやることチェックリスト(1ヶ月前~引越し後14日まで)

2018.11.14

1,引越し一括見積もり

新築引越しで必要なやっておきたいことは、引越し一括見積もりです。新築の引越しをする時には、引越し料金が高くなりがちです。

引越しには新しい家具や家電を揃えるなどしてただでさえ費用がかかるのに、引越し料金まで高くかかってしまったら大変です。そのため、できるだけ引越し料金を抑えたいという人も多いでしょう。

引っ越し業者によって料金は異なるので、引越し一括見積もりを利用することで複数の業者を比較することで一番安い引越し業者を見極めることができます。

引越し一括見積もりサイトなら必要な情報を入力するだけで一気に複数の引越し業者に見積もりを依頼することができて効率的です。業者を見つける前に、引越し一括見積もりを利用して、安く引越しができるところを探しておきましょう。

↓8割以上が利用している人気の引越し一括見積もり2選↓

1、達人セレクト【最速30秒で見積もり完了】 引越し達人セレクトは数ある一括見積もりサービスの中でも最も速く30秒で無料見積もりをすることができます。

荷物情報の入力も任意なのでまだ荷物情報の詳細が分からないという人も取り合えず無料見積もりだけでもしておくとその後料金交渉がスムーズに進みます(‘ω’)ノ

管理人の過去の実例をだすと引越し達人セレクトで見積もり比較したところ、63,800円から31,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界最速!入力が簡単で30秒で無料見積もり
  • 荷物情報の入力が任意
  • 管理人の実例:63,800円→31,000円(半額以下の値下げに成功)

2、スーモ引越し【業界唯一の電話入力不要】 CMでもお馴染みの大手リクルートが提供している「SUUMO引越し見積もり」の優れた特徴は電話番号を入力しなくても無料見積もりができるところです。

申し込み後の電話対応が面倒な人や見積もりメールでとりあえず比較したい人にはおすすめです。

ちなみにスーモ引越しで見積もり比較したところ85,000円から42,000円まで値下げすることに成功しました。

  • 業界唯一!電話番号入力が任意で無料見積もり
  • 大手のリクルートが運営
  • 管理人の実例:85,000円→42,000円(半額以下の値下げに成功)

2,フロアコーティングの検討

新築引越しで必要なやっておきたいこととして、次に挙げるのがフロアコーティングの検討です。フロアコーティングは床にコーティング剤を塗って膜を張り、汚れや傷をつきにくくする方法です。

フロアコーティングを行うことで、床に汚れや傷がつきにくくなるので、新築のきれいな状態を長く保つことができます。また、汚れがついてしまったとしても、サッとふき取るだけで落ちやすいので、床のお手入れが楽になるメリットもあります。

一方で、フロアコーティングは料金が高くなるというデメリットもあります。床の面積が広ければその分費用もかかってしまうのです。使用するコーティング剤や依頼をする業者によっても料金は異なるので、事前に見積もりを依頼することをおすすめします。

3,電気料金の見直し

新築引越しで必要なやっておきたいこととして、電気料金の見直しも重要です。現代では、電力自由化に伴って必ずしも地域ごとに決められた電気会社にする必要はなく、自分で自由に電力会社を決めることができます。

電気料金は電力会社によって異なるので、地域で決められた電力会社よりも安いところが見つかる可能性もあります。数ある電力会社の中でおすすめなのはLooopでんきです。

Looopでんきは基本料金が0円で契約期間の縛り、解約金が発生することはありません。基本料金がかからないことで毎月の電気料金を抑えられますし、万が一合わなかった場合でも無料で解約することができるので安心して利用できます。できるだけ電気料金を抑えたいという人はLooopでんきを検討してみましょう。

4,第三者住宅検査

新築引越しで必要なやっておきたいこととして、第三者住宅検査もあります。第三者住宅検査とは、建築の専門的な知識を持った検査員が実際に新築物件を見て、欠陥住宅ではないかや、手抜き工事がされていないかを検査してくれることです。

売主とは関係のない第三者機関に依頼をすることで、客観的で公平な判断を行えます。せっかく新築を建てても、万が一欠陥住宅だったら住み続けることはできません。

引っ越しを終えてから欠陥があることに気がついたら、再度荷物を運び出さなくてはならないので余計な労力がかかってしまいます。荷物をすべて運んで引越しを終える前に第三者住宅検査をすることで、安心して引越しをして新しい家に住むことができます。

5,家具設置のシミュレーション

家具のサイズやレイアウトを間違えないように事前にシミュレーションしておくことの重要性を説明してください。また家具設置シミュレーションができるアプリもアプリストアから探して一つ紹介してください。

家具設置のシミュレーションも新築引越しで必要なやっておきたいことの1つです。せっかく新築を建てて家具を運び込もうとしても、サイズやレイアウトが合わなかったら失敗してしまいます。

スムーズに引っ越しを行う上でも、あらかじめ家具設置のシミュレーションを行っておいた方が効率的です。特に新しい家に合わせて家具を新調したい場合は、購入前にサイズやレイアウトを決めておくことが重要です。

そこでおすすめなのが、家具設置シミュレーションができるアプリを活用することです。HomeDesign3D-FREEMIUMというアプリは、簡単に家具の配置がシミュレーションできます。3D映像で実際の家を想像しやすく、人気が高いアプリなので信頼性が高く家具シミュレーションに役立つでしょう。

6,太陽光発電の検討

太陽光発電を行うためには、屋根の形状や向きが大きなポイントになります。既存の住宅に設置するには屋根の形状を考慮して設置しなくてはいけません。

ですが、新築の場合は太陽光発電を取り付けることをあらかじめ考慮して設計することができる、そして新築引越しの初期投資として太陽光発電を取り付けることができるというメリットがあります。

また太陽光発電で得られた電力は、自家消費することができる、また余剰分は売電できるので、電気代を抑えることができるというメリットもあります。

反対に設置する時には、設置の工事費用と太陽光発電のシステム費用が必要です。パネルに一番費用が掛かるのですが、一般的には、約150万円前後かかるといわれます。長く使用していくためには、耐久性に優れた太陽光発電選びも重要です。

そのような意味で初期投資が高いということがデメリットの一つになります。

7,火災保険の見直し

火災保険は、火事になった時に建物を保証してくれる重要な保険です。新築であれば何かあった時の保証として加入する人がほとんどです。

火災保険はプランを選んで加入することができますが、実は不要な特約などをつけていることも少なくありません。

特に新築引越しの場合は、耐震などを考慮して建築構造にこだわっているものもありますね。火災保険というのは、建築構造によって実は価格が異なるのです。そのため新築引越しをするときには、必ず建築構造を確認し、見直しをすることが重要です。

また火災保険に風災、水災、盗難などの特約が付いています。万が一のためにこれらの特約を付けておくことは生活の安心につながりますが、居住区によっては不要なものもあるのです。そのため新築引越しの際には見直しが必要です。

実際には、火災保険を取り扱う会社はたくさんあるので、どれがいいのか迷ってしまうのではないでしょうか。そのような時には、住宅本舗の火災保険一括無料査定を利用すると、簡単に比較することができて便利です。

8,家具家電の買い替え

新築引越しをするときには、多少初期投資が必要でも家具家電の買い替えをするのがおすすめです。なぜなら、やはりこれまで使用していた家具は、新築の間取りのサイズに合わないということが多いからなのです。

家や間取りのスタイルというのは、年々変化しています。それに合わせて家具や家電も変えていく必要があります。動線を考えて家具を置くことは、生活の快適さにつながります。

気持ちよく生活をスタートする為には家具家電の買い替えがポイントなのです。また家具家電を引っ越し移動するときに、付着していたダニやダニのタマゴを新築に持ち込んでしまう原因になります。

一度ダニを持ち込んでしまうと駆除することは困難です。またあっという間に新築に広がる可能性もあります。シックハウスを防ぐためにはダニを持ち込まないことが一番重要です。そのために家具家電の買い替えがおすすめなのです。

9,近隣への挨拶

新築引越しをするときには、その地域に土地勘がないこともあるでしょう。どんな土地で人が住んでいるのか?ということを知るのは生活をしていくうえで重要です。

アパート生活とは異なり、新築の場合は、地域の自治体があったり隣組といって協力し合うご近所とのお付き合いが欠かせません。それはゴミ出しや地域の行事などにみんなで協力をする必要があるのです。

以上の理由から、新築に引っ越しをするときには、必ず早い段階で近隣へのあいさつをするのがおすすめです。特に新築の両隣は必ず行いましょう。始めに挨拶をするということは、防犯対策の意味もありますし、騒音などのご近所問題の回避にも影響をします。

たとえ引越し作業の途中でに顔を合わせて挨拶をしていたとしても、あたらめて挨拶に行くということが重要です。それがご近所に対する礼儀となるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です